大切なネクタイのお手入れ

こんにちは!
えいりです。

今さらながら、
そういえばきちんとご紹介したことがなかった!
ということで
今回は、おなじみリボニッシュネクタイのお手入れについて
書いてみたいと思います。

こちらのリボニッシュネクタイ、
リボン部分は裏側にバレッタ金具がついていて着脱可能です。

ネクタイ部分は、形は違いますが
お取り扱い方法は紳士用ネクタイと同じです。
そこで・・

渡小織物の太郎さんにも教えていただきました!

長期間の保存は、吊るしではなく平置きがベター。
生地がバイアス(斜め)で伸びやすいので、長期間吊すと歪みやすいとのこと。

結び目のシワやバレッタのあとは、パンパン!と叩いて、
平置きしておけば自然に直ります。
これはシルクだからこそなせる技!
なんだそうです。
(そう、リボニッシュネクタイは表地はもちろん
チラッと見える裏地まで、オリジナルのシルク地!)
ただ、保管中は結んだりせず、
バレッタも外しておくことをおすすめいたします。

お洗濯は、必ずドライクリーニングでお願いいたします。
シルクは水に弱いので、水洗いはもちろん、水濡れにもご注意くださいませ。
また、シワは上で太郎さんがおっしゃっている通り、
叩いて平置きしておけば自然に消えますが
どうしてもアイロンをかけられる際は
当て布の上から低温で、十分に注意しながらお願いいたします。

きちんとお手入れして、
素敵なネクタイライフを送りましょう♪

 


Tags: